読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vigil記録

特発性過眠症の症状を記録しています

特発性過眠症と診断されて3年が経ちました

お久しぶりです!コロンビアです。相変わらずの近況日記です。

モディオダール

モディオダールの服用をやめてから約1年が経過しました。
とりあえず副作用から解放されたことは私にとって良いことでした。コメント等でもいただいているとおり、本来であれば他の薬も検討するべきですが、そういった余裕がなく1年が経ってしまいました(以下に書きます)。おちついたらまたいろいろ考えたいです。

記憶障害

記憶障害の症状は、おそらく前のひどかった時期より良くなったと思います。

以前「モディオダールの副作用と記憶障害」の記事でおきさんにコメントいただいた『いわゆるスマートドラッグと呼ばれている薬で無理矢理覚醒状態を維持しようとする→無理をしているので脳が十分に休息を取れず、その分記憶が飛ぶ等の症状が起こる』(一部要約です)というお話がしっくりきています。

以前の私はなんとか“普通の人たち”と同じよう生きるのに必死で、多少の副作用があれどモディオダールを服用していましたが、私にとってこの生活は難しく、しばらくは頑張ったものの、結果として現在はいろんなところにガタが来てしまいました。

記憶障害も、ほかのことも、きっと理由はひとつではなくあらゆる要素が少しずつ入り交じった結果だとは思うのですが、モディオダールの服用をやめてからかなりたって記憶障害の症状が少し和らいできたのは、無理をしていた脳が以前より休息を取れるようになり、記憶を整頓する余裕が出てきたのかなとぼんやり思っています。

それでも記憶が飛ぶことは多々あるので、現在も通知機能付きのTodoアプリは欠かせません。Googleカレンダーに入れた予定も、1日前と30分前に必ず通知メールが届くように設定しています。とにかく何度でも予定を確認して、把握できるようにつとめています。
それでもこの間好きな番組の予約を忘れてしまい、少し落ち込んでいます。笑

昼間の寝落ち症状

たとえば仕事中寝てしまったとき、周りの方が気を遣って声をかけてくださるのですが、声をかけてくれたことには気づいているし、返事も謝罪もしたいのに、うまく声が出ません。目はうっすら開いていて、音も聞こえているのに、頭の中だけはモヤがかかっていてはっきりしません。身体(主に腕)に力が入らず、ペンを握ることもできません。意識はあるのに思考ができません。言葉が出てきません。頭だけが寝ています。

以前はもう少し早くぱっと切り替えて「すみません寝てしまって!!」と返答ができたのですが、今はそれも難しくなりました。目はうつろ、しかも声が出ず、手には力が入らず状態で返事ができないので起こしてくださった人も「お、おう…?」という感じの反応です。そりゃそうです。リアルゾンビ状態です。
そして30分ぐらい元の状態に戻れないので、その間仕事ができず、「うーんコロンビアさん、今日はもう早退したほうがいいんじゃない?無理しないで…」となります。それが毎日続いています。

仕事を辞めました

仕事中何度も寝てしまい、ありがたいことに周りの人に起こしてもらっていたのですが、そのことが自分への負担になり(自分のせいですが…)鬱病手前までいってしまったので、壊れる前に辞めました。

病院に行って鬱病ですよと診断されたわけではないので、はっきりと鬱かどうかはわかりませんが、気づくとノートに後ろ暗いことばかり書いたり、歩いているだけで涙が出たり、わけもなく悲しくなり泣き腫らしたり、朝それじゃなくても起きられないのにさらに身体が動かず出社できなかったり、謎の腹痛(激痛)やめまいに見舞われたり、最後の方は涙すら出なくなっていたので、たぶんこれは良くないんだろうなあと判断しました。

あとあまりにも胃腸がおかしかったので内科を受診したところ(ちょうど1年前にも同じ症状が強く出ており、胃カメラをのんでいます)、機能性胃腸症との診断でした。今回もさらっと「ストレスですね~!」といわれてしまいましたが…い、いつもストレスで死んでいる…。

ここしばらくで、無理矢理頑張っても2、3連勤が限界でそれ以上の出社がどうしても出来ないというよくわからない体調になってしまいました。
この後どうするの、とかいろいろあるのですが、とりあえず死ななかったので勝った!!と思っています。

おわりに

あまりこのブログをグチ溜め場にしたくないのですが、ネガティブなことが重なり明るくない内容ですみません…。このブログは本文よりコメント欄がメインコンテンツだと思っております。みなさんのお陰です。

このブログを見てくださる方、コメントを残してくださる方、メールをくださる方…わざわざ貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございます。なんだかあまり余裕のない記事になってしまってすみません。
よかったら、これからもよろしくお願いします。

LA VIDA ES BELLA

コロンビア